hed01.gif

目次
1・「視力回復・視力アップトレーニング方法」について

2・無料で貰える視力アップトレーニングマニュアル

3・自宅で出来る 楽々!視力アップ トレーニング

4・様々な視力回復トレーニング

5・視力の低下を放っておくと・・・

6・ご相談にのります

7・視力回復に関する無料冊子のご案内



「視力回復・視力アップトレーニング方法」について

こんにちは。☆友里☆です。


今日は、自宅で出来る
「視力回復トレーニング方法」について、お話いたします。


視力回復と言いますと、最近ではレーシックの手術を受ける方も
増えてきているそうですが、


実際の所、手術代も安くはありませんし、

不安でいまいち踏み切れなかったりすると思います。


子供さんの為の視力回復 トレーニングでしたら、尚更ですね。


私も、小学生4年くらいの頃に、急に視力が1.0⇒0.4まで落ちまして。

それから1年で0.1まで落ち。

6年生の頃には、既に0.1を切っていました(汗


今となってはコンタクトもメガネも特注しなければ度がないほどに、
落ちてしまいました。


約20年、この ど近眼&ど乱視 と付き合ってきましたが、

PC主流の今の時代は特に


視力が悪いがために目の疲れがハンパなかったり、

コンタクトのせいで目の病気にかかりやすかったり、


当たり前ですが、良いことなんて一つもございませんでした(>o<;)


何より、今後の将来の目の事を考えると、

このまま放っておくわけにもいかないと、

最近、ホンキで手術を受けようかとも考えていた所に、


自宅で出来るという、
「視力回復トレーニングマニュアル」と出会いました。


ここまで視力の悪い私にでも、効果はあるのかな・・・?

でも手術受ける前に、いちおう試してみても損はないな・・・?


と軽い気持ちで始めてみましたが、


徐々にではありますが、目の調子が良くなってきています♪

トレーニング方法はもちろんのこと、

視力アップの為の、目の仕組みや詳しい知識を得ることも出来ましたので、


このサイトで、私が得た「視力回復トレーニング方法」についての情報をシェアしたいと思います。



ご自分でも、子供さんの為でも、

同じ、視力による悩みを持つあなたへ、少しでもお役に立てればと思います。


まずは、「近視に関する常識のウソ」について、お話したいと思います。

私もビックリしたのですが、


昔からよく聞く、近視に関する常識、と思い込んでいたものは、

実はウソが多いのです…


続きはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。