hed01.gif

目次
1・「視力回復・視力アップトレーニング方法」について

2・無料で貰える視力アップトレーニングマニュアル

3・自宅で出来る 楽々!視力アップ トレーニング

4・様々な視力回復トレーニング

5・視力の低下を放っておくと・・・

6・ご相談にのります

7・視力回復に関する無料冊子のご案内



無料で貰える視力アップトレーニングマニュアル

「近視に関する常識のウソ」について、

さっそくですがお話ししていきます。


まずは間違った情報をシャットアウトして下さい。


 (1) 視力が低下し始めたら、早めにメガネをかけたほうが良い ⇒ ウソ


これは、もっとも弊害の大きい常識のウソだそうです。

まだ視力低下が始まって間もない
0.8から1.0 くらいの仮性近視から軽度の屈折性近視の時期にメガネをかけると、

近視の度数がいっきに進みやすくなります。


 (2) メガネは頻繁にかけたりはずしたりしてはダメで、かけっぱなしが良い ⇒ ウソ


 (3) 眼の休息には、遠くの緑を見るとよい ⇒ ウソ


これ、最近まで信じていたのでビックリしたのですが…

近視が進んだ人にとっては、眼の休息にはならないのだそうですよ…;


 (4) 近視は遺伝だから、視力の向上はありえない ⇒ ウソ


近視は仮性近視の段階であれば、簡単なトレーニングで回復します。

また、屈折性近視や軸性近視でも日常生活の改善や、
トレーニングによって視力向上は可能です。




どれも昔からよく耳にしますし、
私自身、常識だと思い込んでいたので、ビックリしました。


これはあるマニュアルを読んで知りました。


この情報はあるサイトで配布されている、

視力アップに関する無料冊子で手に入れた、専門家さんの情報なので
間違いないと思います。



もしあなたも視力回復方法について悩んでいるのなら、
この無料冊子はきっと役に立つと思いますよ^^


リンクを貼っておくのでもしよろしければ見てみください。



無料の冊子だけで十分得るものはあります

    ↓↓↓

楽々!視力アップ マニュアル

※ ↑のリンク先を飛びまして、しばらくすると無料冊子の案内が出てきます。
  お名前とメールアドレスを入力すれば、スグに読めます♪



次回はこの視力アップの専門家さんに

私が教えてもらったことをもう少し詳しくお話いたしますね。

 ↓↓↓

続きを読む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。